社会的信用度と職業的な地位の保証を得て、
あなたもドローンパイロットとして活躍したくありませんか?
国家資格取得への第一歩
[JMAドローンパイロット養成コース]
国交省の包括申請と保険がセットの
二等国家資格相当の民間資格
※JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)は、
国土交通省ドローン管理講習団体です
効率的でお得なドローンの国家資格取得の流れ

実は最初に民間ライセンスを取得いただき、その後に経験者として国家資格講習を受講する方が、

講習時間と費用が減免になり、断然近道なんです!

STEP①JMA認定資格
操縦技術の・法令・飛行許可の全てが揃う!
JMAドローンパイロット養成コース
国交省包括申請付

二等操縦士と同様の飛行許可

STEP②国家資格講習
二等無人航空機操縦士

[基本講習]学科4時間 実地2時間

一等無人航空機操縦士

[基本講習]学科9時間 実地10時間

必要な時間に追加受講可能

※最大3年以内をめどに受講して下さい。

STEP③国家資格試験
学科試験
実地試験免除
  • 二等無人航空機操縦士
  • 一等無人航空機操縦士

静岡ドローンステーションの
「JMAドローンパイロット養成コース」を
おススメする理由

  • 一等国家資格取得者2名在籍
  • 測量、点検・調査、空撮、農薬散布など産業活用実績も多数なため、実務に基づいた講習・アドバイスが可能
  • 国交省包括申請+損害賠償保険がセット
  • 機体登録など国交省システム対応にも安心のアフターサポート
静岡ドローンステーションについて

ドローンを活用した新たな産業で住み続けられる街づくり

静岡ドローンステーションは、静岡県藤枝市でドローンスクールを運営する他、ドローンの産業活用を促進する団体です。国交省の『包括申請』までセットのドローンスクール!国交相の許認可を受け作成した教材を使用したドローンスクールを実施。

またドローンを用いて「産業と技術革新の基盤」建築調査のDX化や市との災害協定を活用した災害時の情報収集、市や消防との情報提供・情報共有ドローンを活用した新たな産業で住み続けられる街づくりを行います。

修了生の厳選レビュー
マンツーマンに近い指導方法と、親切丁寧な指導方法と、先生方のドローンに対する熱意を感じた
S.Iさん
(57歳男性・公務員)

Q1.当スクールに決めた理由は?

体験会に参加した時の先生方やスタッフの明るく気さくな人柄に惚れました。

Q2.当スクールを推薦するとしたら一番の理由はなんですか?

スタッフの明るさと敷地の広さです。

Q3.当スクールは5段階評価で何点ですか?

評価 ★5
理由:マンツーマンに近い指導方法と、親切丁寧な指導方法と、先生方のドローンに対する熱意を感じたところです。

親切、教え方も丁寧、面倒な手続きも代行してくれる、アフターフォローもあるとこと
Y.Kさん
(57歳女性・自営業)

Q1.当スクールの、良かったところは?

親切、教え方も丁寧、面倒な手続きも代行してくれる、アフターフォローもあるとこと

Q2.当スクールを推薦するとしたら一番の理由はなんですか?

アットホームな雰囲気の中で短期集中でライセンス取得できるところ

Q3.当スクールは5段階評価で何点ですか?

評価 ★5

卒業後の事も考えてくれている
サトウさん
(43歳男性・会社員)

Q1.当スクールお申し込みのきっかけは?

ドローンの国家資格に興味があったので

Q2.当スクールを推薦するとしたら一番の理由はなんですか?

親切で細かいところも聞いてくれる

Q3.当スクールは5段階評価で何点ですか?

評価 ★5
理由:卒業後の事も考えてくれているから

JMA認定
パイロット養成コースの内容

国土交通省の許認可を受け作成した教材を使用し、ドローンスクール(無人航空機対象)を実施します。

2日間のスケジュールでドローンの操縦技術だけでなく、航空法や空力学等を学び、修了者には国土交通省への包括申請と、JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)無人航空機技能認定証が発行されます。

また、JMA会員として、無人航空機の法改正情報などをお知らせする他、JMAが開催する講演会や勉強会へご参加することが可能となります。

  • [座学]学科講習・学科試験(無人航空機の基礎知識・関連法令 他)
  • [実技]操縦訓練・実技試験(基本操縦操縦・GPS環境下外の訓練 他)
  • 国土交通省 全国包括申請許可
  • JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)無人航空機認定証
  • JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)無人航空機安全管理者
  • 初期設定費
  • 損害賠償責任保険付き(1年間)
2日間の講習訓練内容
1日目
時間LAP内容
8:50 ~ 9:000:10受付
9:00 ~ 9:100:10開会オリエンテーション
9:10 ~ 9:250:15操作説明動画
9:30 ~ 12:002:30実技
12:00 ~ 13:001:00昼休憩
13:00 ~ 17:004:00実技
2日目
時間LAP内容
8:50 ~ 9:000:10受付
9:00 ~ 10:001:00実技
10:00 ~ 12:002:00実技テスト
12:00 ~ 13:001:00昼休憩
13:00 ~ 14:001:00座学
14:00 ~ 14:100:10昼休憩
14:10 ~ 15:101:00座学
15:10 ~ 15:200:10休憩
15:20 ~ 16:201:00座学・座学テスト
16:20 ~ 17:000:40夜間飛行講習
座学・学科講習
  • 無人航空機の基礎知識
  • 航空力学
  • 関連法令
  • 安全運行管理
  • DJIGOアプリの操作設定
  • 座学試験
実技・操縦訓練
  • 基本操縦
  • GPS環境下外の訓練
  • モニターを使用した目視外操縦飛行訓練
  • DJIGOアプリの操作実践応用
  • フェイルセーフ実地訓練
  • 機体整備点検
  • 実技試験
開講スケジュール

週 (6月 17th)

  • この期間内に予定されているイベントはありません
講習場所

〒426-0012 静岡県藤枝市田中3丁目7−45
晴天時:勤労青少年ホーム隣グラウンド
雨天時:勤労青少年ホーム体育室

受講料

短期講習2日間
¥165,000(全国包括申請込み)
飛行許可申請代+ドローン損害補償付

お待ちください!
まだ、お申し込みはしないでください!

もしあなたがドローンを事業で活用したいと考えている事業主なら、
もっとお得にライセンスを取得できるかもしれません

【人材開発支援助成金を使える】
事業展開等リスキリング支援コース創設

人材開発支援助成金は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

大人が勉強しなおすと国からお金がもらえるん制度なんです!

[勉強した時間]×[1時間でもらえるお金]
=[もらえるお金の合計]

これを[パイロット養成コース] 165,000円16時間
中小企業の場合であてはめると、、、

通常受講料165,000円から、助成額(①経費助成+②人件費助成)の139,110円の助成額を引くと実質のお支払いは23,600円

計画申請をして165,000円は最初にお払い。
受講後に自分で支給申請、審査を経て139,110円(①経費助成123,750円+②人件費助成15,360円)助成してもらえます。
実質のお支払いは23,600円

【注意】申請する順番は必ず守ってください。
詳しくは社労士さん、管轄の労働局、ハローワークへご相談ください。

リスキリング助成金フロー図①講習申し込み②計画申請③受講④支給申請⑤審査⑥支給または不支給
インストラクターの紹介
国家資格「一等無人航空機操縦士」インストラクター
新井 裕也
インストラクター歴:2年
飛行時間:約1000時間以上
教えた人数:約400人以上

【インストラクターになった経緯
CEO松下に誘われたのがきっけで始めてみたらドローンに夢中に。
【今後の目標】
ドローンの普及として第一歩はスクール。その重さを胸によりドローンライフに添えるように今後もさらに技術向上、活用方法を模索して行きたいです。

無人航空機操縦者技能証明
国家資格「一等無人航空機操縦士」ドローンインストラクター DIPS2.0 /申請手続きマスター
土井 浩平
飛行時間:約1000時間以上
教えた人数:約400人以上

【インストラクターになった経緯
最初はスクールのお手伝いとして関わっているうちにどんどんドローンの魅力にハマりインストラクターへ!!
【今後の目標】
ドローンといえばAIRWOLFと言ってもらえるようにまずは相模原からドローンを盛り上げていきたいです!

国家資格「一等無人航空機操縦士」ドローンインストラクター DIPS2.0 /申請手続きマスター
金子 明日美
飛行時間:約1000時間以上
教えた人数:約400人以上

【インストラクターになった経緯】
ドローンやりたい!と思ったのが始まりです。実は最初に他のスクールで受講しました。そこからドローンで何しようと悩んでいた時にエアウルフに出会い、インストラクターとして頑張ることを決めました。
【今後の目標】
今後はDJIドローンだけではなく、操縦の難しいFPVにも力を入れていきます!スクールでは受講してくれた方が不安なく卒業後安全に自信を持ってドローンを活用出来るように楽しく常に全力で教えていきます〜!

ドローンインストラクター DIPS2.0 /申請手続きマスター
奥井 健吾
飛行時間:約1000時間以上
教えた人数:約400人以上

【インストラクターになった経緯】
知らないことは全部分かりたい!という性格からドローンに興味を持ち気づいたらいつの間にかインストラクターになっていました。
【今後の目標】
ドローンの操縦技術は勿論、エアウルフの頭脳としても今後国家資格講習でも1から100まで分かりやすく教えられるよう努めていきます!

国家資格取得への第一歩
[JMAドローンパイロット養成コース]
国交省の包括申請と保険がセットの
二等国家資格相当の民間資格
※JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)は、
国土交通省ドローン管理講習団体です