見出し

ドローン調査点検サービスと使っているけど、費用が高いと感じている建築関係の方へ

【建築業専門】ドローン写真6枚からできる屋根調査

YANEMIRUを無料で試したい方は
他にいませんか?
初回お試し無料
※無料だからといって売り込み・営業・勧誘のようなことは一切行いませんので、ご安心ください。

お申し込み締切:7月15日(金)まで

もしあなたがこんな悩みを1つでも持っているなら『YANEMIRU』で悩みを解決します。
  • ひとり親方で毎日ドローンを飛ばすわけでないので、月額プランだと採算が合わない。
  • 調査点検サービス使っているけど定額料金が高い。コストを下げたい。
  • 導入を考えているけど、どれが自社に合うか分からないから試したい。
YANEMIRU[ヤネミル]とは?

YANEMIRU(ヤネミル)は、

職人の高齢化や人手不足に悩む、中小建築業者ためのドローン調査点検サービスです。

現場の職人を危険にさらすことなく、安全に正確に素早くデータを収集。しかも低コストで導入することがすることができます。

  • 施工管理:俯瞰写真等で工事の進捗状況を容易に確認できる
  • 測量:建設現場を上空からドローンで撮影した写真を解析し地形の形状を測定できる。人力で行っていた測量に比べて短時間での測量が可能
  • 点検・メンテナンス:ビルの老朽化やインフラ設備をドローンを使って点検することが可能となる。従来は人間が行っていた目視の点検作業をドローンで安全に正確に素早く点検
なぜ無料でお試しできるのか?
『YANEMIRU』を無料でお試しできる
3つの理由
  • 自社に建築業界に精通したドローンパイロットが在籍、開発に携わったため
  • ドローン写真の画像を自社で調査データに変換できるから
  • ドローンの産業を推進するための事業を行っているから
「無料で試したら、色々営業されるんじゃないか?」

無料だからといって売り込み・営業・勧誘のようなことは一切行いませんので、ご安心ください。

「では、どうして無料でお試しをするのですか?」

まずは試してもらいたい!試してもらえさえすれば良さが伝えられる自信があるサービスだからです。正直なところ試して頂いた方の何人かは、YANEMIRUを継続的に利用してくれる期待もあります(笑)

さらに、中小建築業者の最大の課題である、人手不足の負担を少しでも軽くしたいと本気で考えています。

『YANEMIRU』のメリットの一部をあげると
  • 必要な時だけ利用できる『スポットデータプラン』があるので、一人親方でも使用頻度に合わせ利用が可能。
  • ドローン写真を撮影して送るだけ。アプリをインストールしたりなどの手間や初期費用は不要。
  • 建築業×ドローンパイロットが開発に携わっているため、ドローンの法律と建築の現場を熟知している。ドローンの法律と建築の両側面からサポート対応が可能。
  • 熟練の職人や専門知識を有する人が現場に行かずデータから調査できる。経験が浅い若手職人にも任せられる。
  • ドローンを使って高所に登らず寸法や状況が確認できるから、職人を危険に晒さずにすむ。
  • データから社内でPCやタブレットで寸法計測や状況の把握調査ができる。
  • 指導実績200名以上。相模原市と災害協定の締結したドローンスクールだから安心。
どうやって使うの?
3つのステップで簡単に使えます
ステップ① ご自身でドローン撮影

撮影はドローンで簡単!現地で撮影・自社で検査

高所に上がることなく、屋根や壁面など建物の調査が可能。現地では短時間、ドローン撮影を行い、写真から作成した調査画像を自社でまとめて調査・検査を実施。効率的に調査結果をレポートできます。

建物を撮影する際には高さを一定にし、各写真に重なり部分を取って撮影。6枚から10枚(6枚以上必須)の写真から調査画像(オルソ画像・点群データ)を作成します。

撮影サポートも可能ですので、ご相談ください。

※ドローンの飛行には航空法に定める『飛行技術訓練』と『国交省の包括申請』が必要です
ステップ② 写真データ送信

撮影した写真をエアウルフへ送信クラウドで画像解析します。解析結果はURL でお伝えします。PC やタブレットで閲覧できます。

ステップ③ オルソ画像/点群データ納品

調査結果は、高精度(国が指定する基準に対応)寸法や角度等、
PCやタブレットからご確認いただけます。

クラウドからPCやタブレットで確認、計測や調査が可能『Pix4Dデジタル化技術』

撮影した画像からデジタル3Dモデルを作成できます。クラウドからPix4Dのフォトグラメトリ―ソフトウェアを活用してドローン写真を処理。高精度の調査画像が作成され、クラウドからPCやタブレットで確認、計測や調査が可能です。

納品データ①:『オルソ画像(2D)』
写真のズレを修正し真上から見た正写投影データを作成

ドローンで対象エリアの撮影を行い、重ね合わせた写真画像から1枚の合成写真を作成する。合成過程では、写真のズレを修正し真上から見た正写投影データを作成。オルソ画像には正確な水平位置と高さ付与するため、再像で位置、距離、面積など計測することが可能です。

納品データ②:『点群データ(3D)』
周囲物件の距離や位置を把握、形状を分析することが可能

3D点群データは奥行きの情報を持つデータ。3Dモデリングでの表示を可能とすることで「周囲物件の距離や位置を把握」「形状を分析する」ことが可能。オルソ画像(2D)だけでは困難な調査に対応。

建築専門ドローンパイロットから
有限会社長谷川板金工業所
長谷川 明
AKIRA HASEGAWA

職人不足の建築業でドローンを活用したICT化は必須!

弊社には社員・職人あわせて8名の人材がおり、経験年数の違いがありますが熟練の職人が打ち合わせ、見積り、現場施工など多くのタスクを担っています。
しかし、若い職人にをそうした熟練の職人に育て上げるまでにどうしても時間がかかります。そうした期間、若い職人にはIT・ICTを活用し、ドローンで現地調査を行い、自社へ戻りデータからベテランの職人が調査結果や見積もりを作成しています。

建築現場のICT化に!
導入しやすい利用プランを
まずは試してみませんか?
スポットデータプラン
通常料金5,500円(税込)
初回お試し価格 :無料

【納品データ】2Dオルソ画像、3D点群データ

YANEMIRUの無料お試しは、
いつでもできるものではありません。

YANEMIRUを多くの職人さんに試してもらいたいと思っていますが、対応スタッフの人数が限られているため、申し込みは

お申し込み締切:7月15日(金)まで

とさせていただきます。

申し込みはこちら
※無料だからといって売り込み・営業・勧誘のようなことは一切行いませんので、ご安心ください。