ドローンスクール事業

可能性は無限大!
「ドローンの産業活用」にも有効な確かな資格を

相模原ドローンステーション

上空150m飛行可能な屋外ドローンフィールド・少人数制・さらに国交省の全国包括申請込み

JMA認定パイロット養成コース(2日間)申請コミコミパック

¥165,000(税込)

国土交通省の許認可を受け作成した教材を使用し、ドローンスクール(無人航空機対象)を実施します。

2日間のスケジュールでドローンの操縦技術だけでなく、航空法や空力学等を学び、修了者には国土交通省への包括申請と、JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)無人航空機技能認定証が発行されます。

また、JMA会員として、無人航空機の法改正情報などをお知らせする他、JMAが開催する講演会や勉強会へご参加することが可能となります。

JMA認定パイロット養成コース(2日間)申請コミコミパックには以下の内容が含まれます。

●[座学]学科講習・学科試験(無人航空機の基礎知識・関連法令 他)
●[実技]操縦訓練・実技試験(基本操縦操縦・GPS環境下外の訓練 他)
●国土交通省 全国包括申請許可
●JMA(一般社団法人日本マルチコプター協会)無人航空機認定証 発行
●初期設定費


国土交通省の全国包括申請について

国交省の全国包括申請で許可を得ることで、航空法に定められる、「飛行が禁止の空域を飛行すること」が可能となります。また、同法に定める「飛行に承認が必要となる飛行方法」についても可能となります。

ピンク色は全て飛行の許可が必要となる空域

飛行の許可が必要となる空域

  • 空港等の周辺の上空の空域
  • 人口集中地区の上空
  • 150m以上の高さの空域

承認が必要となる飛行の方法

  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 人や建物等と30m未満の飛行
  • イベント上空飛行
  • 危険物輸送
  • 物件投下

また、申請にあたっては保有するドローンの機体番号と認定証との紐付け登録が必要となります。
JMA会員の方は、機体の追加を含め当スクールにて代行いたします。


ドローン情報基盤システム(飛行情報共有)

当スクールで行う全国包括申請とは別に、ドローンを飛行させる際にあらかじめ飛行計画を登録し、他の航空機や無人機同士が安全に飛行を行うためのシステムがドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)です。
ドローンを飛行させる際には、全ての飛行ごとに飛行計画の登録を行う必要があります。

国土交通省ドローン情報基盤システム(飛行情報共有)のウェブサイトへ


JMA会員について

初年無料 2年目以降¥16,500(税込)

国土交通省の全国包括申請は1年毎に更新が必要となります。
それに伴い『JMA無人航空機認定証』は1年毎に更新いたします。JMA会員特典として更新手続き、更新認定証発行、追加の機体登録など各種手続きを代行いたします。


スクール開講日について

スクールは2日間の日程で開講いたします。

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
2021年 11月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

スクール開講日

お申し込み、お問い合わせは以下よりお願いいたします。


ドローンの購入・整備についてもお任せください

機体の整備や、安全管理もパイロットの大切な責任です。ライセンス管理に加え機体の購入、整備についてもお任せください。